ちゅん速

鳩山由紀夫の韓国人へ土下座の真相を橋下徹が言及か【動画】

   

2016年10月31日(月)放送、テレビ朝日「橋下×羽鳥の番組」
23時15分~24時15分

今回は元総理大臣の鳩山由紀夫にまつわる様々な都市伝説について言及。

・鳩山由紀夫は韓国人説
・有事の際に使用する政府専用シェルターや地下鉄の存在
・日本にUFOを研究する秘密機関ってある?
・総理大臣の給料はいくら?
・総理時代に危険な目にあった経験
・なぜ米軍基地の沖縄県外移設を公言して、なぜ実現できなかったのか?

鳩山由紀夫が今だから話せる真相を橋下徹が斬り込む。

鳩山由紀夫30

鳩山由紀夫は1947年2月11日東京生まれの現在69歳。

衆議院議員(8期)、内閣総理大臣(第93代)、新党さきがけ代表幹事(第2代)、旧民主党代表(初代)、旧民主党幹事長、民主党代表(第2・7代)、民主党幹事長などを歴任した。2013年に「友紀夫」に改名したことを明らかにし、事実文藝春秋やニコニコ動画などでこの名義での活動をしているが、公式ウェブサイトやTwitterでは「由紀夫」のままである。

参照wiki

鳩山政権は戦後はじめて、米国一辺倒、属国体制からの脱却を目指そうとした政権。

ある意味、鳩山由紀夫は革命政権の時の総理。
しかし、実際のところは、「良い事ばかり書いてある政権公約を見せて、良い事ばかり演説」。当選した後は「何も出来ない」公約違反のレッテルを張られた。盟友の小沢一郎を強制捜査、強制起訴、鳩山政権はあっけなく崩壊。

・掲げたマニフェストの崩壊

子供手当てを国外に子供を残してきた外国人にも支給。日本に出稼ぎに出て、人数分の手当てを受給させる韓国のためのような政策。これでは「日本人の少子化対策」にもならず「日本の景気回復」にもならず、歳出が増えるだけで終わっている。

鳩山由紀夫01

蓮舫の事業仕分けでは、廃止した事業を裏でこっそり復活。
一番の問題は「在サハリン韓国人支援事業」廃止が一転、満額復活。蓮舫の仕分けの映像だけテレビで報道し、その後復活させたことを報じてない。

高校無償化問題、私立を認めるならと各種学校まで含めるとして、「朝鮮学校」が対象になっていた。一人年11万、3933億円で予算を組み、法案作成時に各種学校を含むか考えていなかった。(そもそも高校は義務教育ではい)

高速道路の無料化詐欺が一番ひどい。
様子見として末端部分だけ無料にするも、暫定税率も「ガソリンが値下がりしたから廃止しない」と公約違反。原油価格は2008年7月から値下がりしているので、値下がりが理由としてはおかしい。

■おすすめ記事


民主党政権時の最も愚策なのが「外国人票を得るという行為」

結果として、毎週日本中でデモ行進が行われ、中立の人までが右寄りの民族意識に火をつける結果となった。それらの行為に対し、マスコミの報道規制した結果がすべて裏目にでて、鳩山由紀夫は総理の座を退き、民主党は選挙で惨敗し、失われた3年間と揶揄されている。

・鳩山由紀夫は韓国人

鳩山由紀夫の母親が韓国人の妾の子と2chでは噂になっているが真意は定かではない。
しかし、韓国人寄りの発言が多い

2015年、鳩山由紀夫が韓国を訪問し、慰安部問題の像の前でひざまづいて土下座謝罪した。
日本人の一人として謝罪をするのは個人の問題で日韓関係が好転するかもしれない。
鳩山由紀夫02

しかし。実際は謝罪と同時に日本の軍国化を懸念していると暗に安倍政権を批判したただの自己満足、人気取りのための行動だったことが批判された。

安倍政権の憲法改正の方針や安保法制、朝鮮半島有事にも備えての法案。
朝鮮半島は、休戦してるだけでいまだ戦時中を安倍政権の考え方は備える意味があった。いくら韓国が反日で、日本人が嫌韓だとしても隣国なので「見てみぬ振りなんてできない現実」が横たわっている。

だから、安保法案という備えが必要だった。
しかし、こういった隠れた意図を分かっているはずの鳩山由紀夫が、曲解される間違ったことを韓国で発言し謝罪、これが大問題になった。

今夜の放送では鳩山由紀夫の韓国人よりな発想に橋下徹が言及。
鳩山由紀夫の心理に迫る。

【橋下×羽鳥の番組】 https://t.co/ucv4qsUyP2 #橋下羽鳥

【論客】小西洋之、橋本大二郎、鳩山由紀夫、吉村崇(平成ノブシコブシ)

今回は期待できそうにないな~ 😂😂😂 pic.twitter.com/4mZ5g5FkUD

— ZAJI (@idobatainfo) 2016年10月30日

Let’s block ads! (Why?)

Copyright © 2016 All Rights Reserved.

1002: 以下、ちゅん速がお送りします 2099/12/31 00:00:00.00 ID:chunsoku.net