ちゅん速

混浴の悪夢 1

   

「あ…、あん、駄目だよ…雄太…。こんな…ところで…」「大丈夫だって、誰も居ないから。ほら、未央、もっと脚開いて」 山奥にある温泉宿。その少し離れにある露天風呂で、押し殺した甘い声が聞こえる。旅館から風呂に向かう道からは見えない、岩影に隠れた場所では、雄太…

■おすすめ記事

Copyright © 2019 本当にあったエッチな話|エッチな体験談 All Rights Reserved.

Copyright © 2019 H-navi All Rights Reserved.

1002: 以下、ちゅん速がお送りします 2099/12/31 00:00:00.00 ID:chunsoku.net