ちゅん速

うちの娘 6

   

この神社はめったに人が来ない場所です。「今度うちに来てよ・・・。」彼女が言いました。「うん僕そろそろ帰らないと・・。」「わかったじゃあね・・。」服を着て急ぎます。妹を迎えに行かなければなりません。妹はぽつんと一人で待ってました。私を見て駆け寄ってきました。妹の立っていた場所が濡れています。「おしっこ出ちゃったの?」妹は困った顔でうなづきます。私は妹のスカートを捲ります。前は車が走っていて人通りもあ

■おすすめ記事

Copyright © 2019 本当にあったエッチな話|エッチな体験談 All Rights Reserved.

Copyright © 2019 H-navi All Rights Reserved.

1002: 以下、ちゅん速がお送りします 2099/12/31 00:00:00.00 ID:chunsoku.net